特長

ICTとNeedsArchへの思い | 代表挨拶

NeedsArch(ニーズアーチ、略称“NA”)は、国際交流団体 “The International Center Tokyo (ICT)” に集う訪日・在日外国人がモニターとなり、訪日・在日外国人向けに商品を展開したいと考える企業様向けに、アウトバウンド/インバウンド向けの販売促進にかかる有益な事前調査(主に定性調査)等を提供するサービスです。

ICTは、ニューヨーク在住時に様々な異文化交流を体験したメンバーが中心となり立ち上げた、「日本人と外国人が気軽に交流するプラットフォーム 」であり、これまで日本を発信するアクティビティ(例、企業文化理解クラス、文化体験型ワークショップ、季節イベント、ビジネスマッチングイベントなど)を通算150回以上実施し、会員数1,200人以上、50もの国と地域のメンバーを有する国際交流団体として発展してきました。現在では、日本人スタッフに加え、韓国、ベトナム、カナダ、アメリカ、台湾出身者も運営に加わり、活動の幅を大きく広げております。

これまでのアクティビティを通じ、訪日・在住外国人の日本の「モノ・コト・サービス」に対する好奇心の高さに驚きと喜びを感じつつ、一方で、まだまだ知られていない日本が誇る芸術、文化、その他様々な魅力があることを認識するようになりました。中でも、このような魅力を大切にされている中小企業様が提供する「商品」、「サービス」は外国人から高く評価されているものの、まだ知られていないものが多く、「思い」や「夢」が詰まったこれらの商品等を海外に広げて行くお手伝いができればと考え、NAを開始することと致しました。

NAには、ICTのスタッフはもちろんのこと、加えて、私たちの思いに賛同する経営コンサルタントやデザイナー等の専門家にご協力頂き、最低限の経費で、企業様のご要望に応じた調査サービス、さらには商品開発・改良の提案を実施しております。

NAを通じ、「思い」や「夢」を共感することができる皆様と、日本の魅力をより広くそして深く理解してくれる「ファン」を増やしていくことができれば幸いです。

2015年10月
NeedsArch Inc.
代表 加藤 翼